景嗣、2019年を振り返るーTwitter・少林寺拳法の活動を中心にー

どーも。景嗣です。

 

本当に久しぶりのブログ記事更新になる。

今まで、少しばかりバタバタしていたこともあり、ブログ記事更新をサボっていた。誠に申し訳ない。

 

題名のとおり、本稿では、今年一年にあったことと

それについて、景嗣が感じたことについてダラダラとしゃべろうと思う。

 

テキトーに読み流していって頂けたら幸いである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

2019年6月初旬あたりから

景嗣は、twitterでの出没頻度が多くなった。

こういう感じの、ありがたい哲学語録

「景嗣の哲人ツイート」を毎朝投稿させて頂いている。

これを6月初旬から毎日欠かさず、今日に至るまで続けさせて頂いている。

 

いやさ、「継続とは力なり」とはよく言ったもんでね・・・

フォロワー数もボチボチ伸びていき、

10月時点で「2000人」を突破した。

で、現在は2280人ほどのフォロワー様が居てくれている。

 

そういうtwitter活動に力を入れる中で

刺激となる出逢いがいくつもあった。

 

その出逢いがご縁となり

面白いtwitter企画に参加させて頂く機会が増えた。

 

その一例として

「イケメンボイスを探せラジオ」という企画のレギュラーパーソナリティーに抜擢して頂けたのである。

↑暇があるなら是非聴いて頂きたい。

 

凄腕マーケター「たねさん」MCのもと

景嗣がイケボアシスタントとして、10回ほどラジオ出演させて頂いている。

 

これを機に、景嗣を慕ってくれる方々が増えた。

とてもありがたいご縁を賜ったこと感謝しております。

 

そういった形でTwitter上で

「哲人ツイート」と「イケボラジオ」に力を入れる傍ら、

 

リアルの世界では、少林寺拳法の修行にも力を入れていた。

そして、11月初旬ごろ・・・

大阪で開催された少林寺拳法の大会にて優勝させて頂いた。

現役国体選手が何人も参加する中、彼らを抑えて優勝することができた。

個人的には、現役引退ご隠居気分だったので、

「僕もまだ捨てたもんではないかも」と思えるようになった。

金メダルコレクションが増えて、ご満悦である。

 

そして、12月ごろには・・・・

twitter上で「画伯キャラ」として活動することにもなった。

実は、景嗣は絵心がある。

 

ということもあり・・・

フォロワーさんが描いて欲しい絵をこの景嗣が描いてプレゼントする企画を始動した。

特に、最後の「ルフィの後ろ姿」については

フォロワー様のプレゼン企画のイラストとして全面的に出させて頂けるとのこと。

ありがたい限りである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ざっとこのような感じで

2019年は、twitter上で

「哲人」、「イケメンボイス」、「画伯」として活動し、オンラインでコミュニティを広げる傍ら、

「少林寺拳法拳士」として、結果を残すことができた年であると言えよう。

 

・・・・・・・・

・・・・・・・・

 

実は、2019年というのは・・・

 

 

僕が「自害を試みた回数が最も多い年だった」

 

 

身内の心を過激カルト団体に奪われ

 

自身の右目の視力も奪われ

いずれ、左目も奪われる運命から逃げることもできず・・・

 

大切な人を地獄に置き去りにした十字架をも背負い

 

そのうえ、リアルの社会からは爪弾きにされ・・・・

 

・・・・・

生きる苦痛に耐えかねて

滅する快楽がたまらなく欲しくなってしまってね・・・

母独り現世にとり残してでも、地獄に堕ちたい気持ちが大きくなってしまった時期があった・・

 

この一年で何度か自害を試みたことをここに告白しておこう。

 

だが、どれもうまく逝けなくてね・・・

「自分を仕留めることすら上手にできないこと」にさらに自己嫌悪を感じていた・・・・

 

だが、2019年12月

ここまで、生き長らえて・・・・

「命をみすみす捨てなくて良かった」と思えるようになった。

 

まさか、こんなにも自分が必要とされるなんて思ってもみなかったよ。

 

近時では、SNS等オンラインで繋がる関係について注意喚起を行う報道が多いけれども・・・・

僕は、オンラインで繋がった人たちの

「僕を必要としてくれる声」にどれだけ救われたかわからないよ・・・

 

twitter上、リアルの世界で景嗣を必要としてくれた方々へ・・・

アナタたちの声があったから、僕は今、生きることができている。

誰かの困りごとに寄り添い、手助けすることができている。

 

自分の命を、世のため人のために使うことができている

こんなに嬉しいことはない・・・・

ありがとう・・・・

 

何度も捨てかけた安い命で、誰かを喜ばせられるなら・・・

残った短い人生

惜しみなく、誰かの笑顔に貢献したい・・・

 

僕を取り巻くすべてに感謝・・・

本当にありがとう・・・・

 

以上

景嗣

Follow me!

景嗣、2019年を振り返るーTwitter・少林寺拳法の活動を中心にー” に対して2件のコメントがあります。

  1. 増田望 より:

    うん、良い経験だ。この痛みが有ったから、Twitterで繋がれて嬉しく思います。自分を必要とされる喜びは私も同じくです。実は私も最近、色々頼ってくれる人がでて来ました。つい、最近知りあったばかり。そんな、切羽詰まった方ですが、私がやれる事を全力でサポートしようと決意しました。自分の格闘技の練習や、指導も減ります。しかし、頼ってけれた、信用してくれた事がなにより、嬉しくて。人は人と関わる事で成長出来ます。影さんも同じ気持ちでしょう‼️お互いの更なる成長が楽しみですね。
    たまにバカな事を話しますが、そこは楽しみましょう‼️
    これから宜しくお願い致します‼️感動して、泣いちゃった(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です