稲田ズイキ和尚が「猥談ピーポー」を結成したとの噂を聞いて

どーも、景嗣です。

 

 

みなさん、大変長らくお待たせした。

本日のブログ記事は、景嗣放浪記の常連・・・

 

「稲田ズイキ和尚」の話題である。

 

おそらく景嗣放浪記の常連読者ならば「拍手喝采」間違いないだろう。

 

前回の記事では、「コラボ企画」・・・

 

「ホンマもんの坊主、稲田ズイキ和尚」と・・・

「喧嘩坊主、景嗣」とが奏でる狂騒輪舞曲・・・

 

『人生問答』について書かせて頂いた。

 

景嗣放浪記読者の口コミでは、この「人生問答」のコンテンツの反響が大きく、大変好評であった。

稲田ズイキ和尚、大変感謝している。

南無〜。

 

「エッ?? 稲田ズイキって誰??」

こういう人もいるだろうから、一応、前回記事、「稲田ズイキ和尚との人生問答」の記事のリンクを以下に貼っておく。各自確認されたい。

「煩悩クリエイター 稲田ズイキ」 襲来 その1

「煩悩クリエイター 稲田ズイキ」 襲来 その2

「煩悩クリエイター 稲田ズイキ」 襲来 その3

 

さてさて・・・・

実は、前回記事を書いて、僕は稲田ズイキ和尚より「クレーム」を賜った。

 

「景ちゃん。記事マジ面白いし、メッチャ嬉しいんだけども、俺があまりにガチ仏教過ぎて、今のTwitter上のイメージとかけ離れているから、景ちゃんの記事はシェアできひんわぁwww」とのこと・・・

 

おーう・・・・

稲田ズイキ和尚・・・

大変失礼した・・・

 

僕、景嗣があまりにも哲学好きなので、ついついガチで「人生問答」を繰り広げてしまったものだから・・・

まさか営業妨害的な効果が出てきてしまうとは・・・・

 

 

彼の異名は「煩悩クリエイター」

京都府にあるお寺で副住職を務める傍ら、なかなかクレイジーな活動をしているのが彼である。

何ともクレイジーな企画を行っていたりするwww

まぁ、彼の素性を知っている僕からすると、これが彼の通常運転であるwww

(俺とコイツは、大学院の同級生だったんだもんなぁwww 何とも不思議な因果律である・・・・)

 

そんな稲田ズイキ和尚が・・・

「猥談ピーポー」略して「わいぴぽ」なるグループを結成し・・・

YouTube上で動画配信するとの噂を耳にしたのである。

 

「なるほど、今度こそは彼のありのままを景嗣放浪記で発信しよう」

 

そう思い立った次第で、とりあえず本稿では、「わいぴぽ」の記念すべき第一回目のYouTube動画をシェアしようと思う。

以下動画を確認されたい。

(あれ?? 動画消されてるやんwwww)

・・・・

うん、面白いwwww

和尚の性的な嗜好が垣間見える。

「自分より大きくて」

「強くて」

「なおかつ優しい」

「そういうモノに押しつぶされたい・・・・」

いわゆる・・・

「暴力と母性」こそ、彼の求めるものである・・・

 

で、その象徴が「ルギア」だったそうなwwww

 

個人的に「壁」のくだりで大爆笑したwwwwww

 

今後とも、「エロくてくだらないトーク動画」をYouTube上で随時発信していくとのことなので、景嗣放浪記読者も是非是非見てあげて欲しい。

 

 

かつて・・・・

 

かの有名な心理学者「フロイト」は・・・

 

「性的な欲動 (リビドー)」こそ、人間の発達成長の過程における重要なファクターであり・・・・

リビドーは人間の潜在意識を顕在化する数少ない手掛かりであり、リビドーに基づく性体験こそ各人の人格や行動原理を形成する・・・・

・・・・

みたいなことを言っていたようで、難解な精神疾患について「性的嗜好」という観点から説明を付けようとする。

 

だが、その当時、「性的嗜好」は文化的にも学問的にもタブー視されていたトピックである。

 

彼のことを「天才的学者」と賞賛する者もいれば・・・

単なる「誇大妄想」と批判する者もいたそうな・・・

 

学会における立ち位置は常に危うく、痛烈な批判を浴びるのが常であったそうな・・・・

 

だが・・・

僕は、フロイトを「天才」だと思っている。

 

「人間の性的欲求、いやもっと広い・・・ 『愉悦』こそ、その者が何者であるかを物語る・・・」

 

「『愉悦』こそ、その者の心のカタチである・・・」

 

人生26年、つくづくそう思う次第である・・・

 

稲田ズイキを含めた、二人組「わいぴぽ」は社会的な批判を恐れずに、「性的嗜好」について純粋に探究しようとしている。

 

つまり、彼らは、「人間の心のカタチの探求者」に他ならない・・・

 

思うに、彼らは「平成のフロイトたち」である。

 

まさか、こんなところに・・・

こんな時代に・・・

「天才たち」に出逢えるとは・・・

 

この景嗣、感無量である・・・

 

・・・・・・・

・・・・・・・

wwwwwww

 

まぁ、最後は景嗣放浪記風に締めさせてもらったwww

今後の「わいぴぽ」の更なる活躍を期待したい。

以上

景嗣

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です