転職活動ってどんな感じなの?? その3

どーも、景嗣です。

(石原さとみ、カワエエのう。彼女の政治的信念さえ度外視すればな・・・)

 

本稿は、「転職活動ってどんな感じなの??」シリーズの「その3」である。本稿を読み進めるにあたって、前稿「その1」「その2」を事前に読んでおく必要があろう。

以下に「その1」「その2」のリンクを貼っておく。各自確認されたい。

転職活動ってどんな感じなの?? その1

転職活動ってどんな感じなの?? その2

(今日から出社だ。出社直前にブログ打ってやすwww)

さて、前回からお話させて頂いているが、僕の転職活動では「転職エージェントさん」に大いに支えてもらった部分がある。そのため今のところ本シリーズの大半が「転職エージェントサービス」に関する事柄となっている。

もう少しだけ、それに関するお話をしておこうかと思う。

 

僕の利用した「転職エージェントサービス」は3つある。

 

【1】リクルートキャリア (リクルートグループ)

【2】DODA パーソルキャリア (DODAグループ)

【3】パソナキャリア (PASONAグループ)

以上の3サービスである。

 

どれも提供が、有名大手企業であることから、まぁ安心してサービスを受けられた方だったし、実際にどのサービスもそれぞれイイ点があったかと思う。

それぞれの特徴みたいなのを端的にしゃべっておこうかな。

 

ひとつ留意されたいことだが、各サービスに「エージェント」がサポートしてくれるのだが、このアドバイザーたる「エージェント」自身の力量にも依るところが十分にあると思う。以下に述べることは飽くまで僕個人の経験と、その時折のエージェント自身の考えだけであって、必ず万事そうであることを約束できる内容ではない。

 

 

【1】リクルートキャリア

僕が一番最初に登録したエージェントサービスである。エージェントは「Mさん」(男性、30代前半、優しくハキハキ系男子) 。実は僕はMさんにお会いしたことがない。職務経歴書の添削もコミュニケーションもすべて電話・メールで行っていた。ただ、一番最初に出逢ったエージェントさんということもあり、一番仲良くさせて頂いたエージェントさんであった。

一度、リクルートキャリアの支社に出向いたこともある。いわゆる「模擬面接」をしに行くためだ。残念ながら、その時の面接官は違うオジサンだったwww

 

求人紹介のスタンスは、「乱れ撃ち」である。

僕の学生時代のスキルを見て、法務・総務・経理の求人もあれば、

前職でのスキル、購買・生産管理の求人も手あたり次第集める感じだった。

中には、よく見ると、「技術職」というか、現場組み立て作業員の求人も提示することもあった。や、全然希望してないんやけどwwww

前職で経験した業務が広すぎたこともあって、様々な求人に引っ掛かかり得ることもあったのだろう。

 

また、企業規模や待遇も上記のような「乱れ撃ち」感のある集め方をしていたな。

 

良く言えば、「少しでもイイなと思える企業に出逢う可能性が大きくなるような求人の集め方だな」っていう反面、

「や、嬉しいんだけど、そこまでの求人、必要でもないわ」と思う瞬間も何度かあった。

 

実は、のべ6社から内定を頂いた企業様のうち4社はリクルートキャリア経由の会社様であった。企業様との出会いの場が多かったという意味では、「乱れ撃ち戦法」も決して悪くはなかったなと思う次第である。

 

 

【2】DODAパーソルキャリア

エージェントさんは、Hさん (30後半〜40代の落ち着きのあるオバサン)。一度支社でお会いしたことがある。その際、職務経歴書に沿って今後の転職活動について共に作戦を立て合った。

僕が望む企業やら職種やらを優先してくれるのはどのエージェントさんにも共通していることだが、「今後人工知能・AIが台頭することに鑑みて、こういう仕事はなくなるからやめておいた方がイイですよ」とか、「景嗣さんの前職のキャリアと今後の人材需要を考慮した場合、こういう方向性で求人を探していく方がイイですよ」てな感じで、「先見性」のある芯を喰ったアドバイスをして頂けたことが印象的だった。

(まぁ思えば、いずれのエージェントさんにもそういうアドバイスはされたかもしれん。ただ、僕の中でストンと腹に落ちたのは、Hさんのアドバイスだったかな)

 

紹介スタンスは「一点集中型」

紹介してくれる求人に一番ハズレが少なかったように思う。

紹介求人数は多い方ではなかったが、どの求人も「受けてみようかな」と思えた。「僕のニーズを見る力のある、やり手エージェントだな」と心底思えた。

 

また、結構大手企業も狙わせる傾向にあったかな。

大手の求人ってスゴイね。あんなの「サイヤ人」でもない限り、採用されないねwwww

(超ハイスペック、超貴重な経験が要るねwww 何年くらい働けば、大手の提示する条件を満たせるんだろうwww)

僕、戦闘力10くらいですけんwwww

 

 

【3】パソナキャリア

エージェントさんは、Kさん (20代後半〜30代前半の体育会系キャピキャピ女子)。彼女とも一度支社でお会いしたことがある。僕より背が高かったなぁ・・・元気さが有り余ってる感があって、人生に疲れている僕からすると少し鼻につくところはあった。まぁ可愛かったけどwww

社員が全体的に体育会系な雰囲気がある。

エージェントサービスには、直接人材とコミュニケーションをとるエージェントと、企業とのコミュニケーションをとる「企業担当」というのもいる。

パソナキャリアさんに関しては、「企業担当さん」にも僕は会ったことがある。

(パソナさん経由で1社内定を頂いた際に、僕を口説き落とすために派遣された刺客である。要は・・・)

その人も「体育会系」だった・・・ 血の気の多いのが苦手な僕からすると、やや苦手な雰囲気はあったかなwww (好きな人は好きだと思うよwwww)

 

余談だが僕の赴いた支社、何だが様相がゴージャスだったな。

受付・待合室がこんなんだった。

金かけとるなwwww

どーでもエエけども。

 

求人紹介スタンスは「乱れ撃ち」と「一点集中型」の中間に位置するような感じである。

僕にとって、「イイじゃん」と思わせてくれるような求人の紹介数も多かったし、「あー、そういう求人もあるか、なるほどこういう方向性もあるな」とも思わせてくれるバランスのイイ求人紹介をしてくれた。

まぁ、ただ、序盤はトンチンカンな求人を紹介してきていた感はあった。直接コトバで「こういう求人じゃなくて、もっとこういう方向性でお願いしたいんやけども」とお伝えした場面はあった。

 

ハキハキさが鼻についたと言って申し訳なかったが、元気を分けてもらってたなぁとも思うwwww どうかそのままでいてくださいwww

 

 

 

以上、僕の利用した転職エージェントサービスである。

 

要は「3股」を公然と堂々とやっていたわけである。

トンデモねぇ、「オフホワイト野郎」であるwwww

 

ただ、面白いのが・・・・

「3人が紹介する求人がダブることは一切なかった」

やはり、どれくらいのツテがあるのか、ニーズの汲み取りやマッチングに関するノウハウにもかなり個性があるようである。

正直、「3股」していないと、十分な企業選びはできなかったと思う。

そういう意味では、「エージェント不倫」は僕の人生の選択の幅を広げる上では非常に為になったと思う。

バンザーイwwww

(あ、や・・・「不倫、3股」を正当化するわけではないぞ!! 断じて!! あくまでビジネス上の駆け引きだ。プライベートで女性とお付き合いする場合には、相手を悲しませるようなことはしたくないと思っている。そこは筋を通す男である。まぁ、そう言うほどモテないんやけどね、僕www ウェ―イwww)

 

 

何とも皮肉な話であるが・・・

僕は内定を6社から頂いて、

そのうち3社はハナから興味がなかったので、ためらいなく蹴ってやったが。

ホントに入社を決めるかどうかを迷ったのは残りの3社であり、最終的にその3社の内定通知書を並べて吟味することになったのだが・・・

その内定を頂いた3社それぞれ、「リクルートキャリア」、「DODAパーソルキャリア」、「パソナキャリア」経由で紹介された会社様であった。

 

前稿で説明した、「転職エージェントの旨味」の話を思い出してほしい。

最終的に1社を選べば、一人のエージェントが歓喜するのみで、選ばれなかった二人が骨折り損のクタビレもうけになる構図となってしまった。

 

嫌な話になるが・・・

当然・・・・

 

各エージェントが、自分の紹介した企業を過度にベタ褒めし、他エージェントの紹介した企業様を遠回しにディスるという事態になったwwww

(この人らもエエ大人やから、同業他社の行動に難クセをつけはしない。ディスるとはいってもホントに遠回しである。あくまで自分の紹介した企業のイイ点を強調していく感じである・・・・まぁでも、他の紹介した企業をディスってたな・・・)

 

前稿でも述べたように、僕は「転職エージェント」の利益構造を手に取るように理解していた。ゆえに彼らの言うことに翻弄されることはなかった。

しかし、ここにきて、お世話になった3人のコトバを信頼しきれなくなったのは悲しい。ホント皮肉であるwwww

 

最終的にどの会社に入社意志を伝えるか、

己自身の感覚と論理に基づいて判断せねばならない。

 

ただ、紹介された企業それぞれが、それぞれ違った長所があり短所があり。

ホントに魅力的に見えたものである。

 

 

「己こそ己の拠るべ」

僕は・・・・

 

 

さて、文字数もエエ頃合いになってきたので、とりあえず本稿を「その3」と位置づけて、次回「その4」の執筆投稿を行うことにしよう。

 

次回もお楽しみに。

 

さて、現在、内定先の初出社当日の午前6時40分である。

ボチボチ家を出るようにしよう。

新しい会社、内情はどんなんだろう・・・・

企業なんて、実のところ入ってみなきゃわからんからね・・・

祈ろう。

南無〜 (合掌)

 

続く

景嗣

Follow me!

転職活動ってどんな感じなの?? その3” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です