少林寺拳法 足跡

どーも、景嗣です。

 

懐かしい動画をYou Tubeで見つけてきた。

小さな大会での運用法の動画である。僭越ながら、どの大会も最優秀賞を頂いている。ぜんぜん大したことはないのだが。

 

網膜剥離に罹患して、ガンガン乱取りができなくなった今では貴重映像である。せっかくなので、本稿で共有しておこう。

なお、色々と動画は見つかったものの、プライバシーの関係上、アップできる動画は限られる。了承されたい。

 

↑右の細いのが僕である。気が緩んでいたのか一発痛いのをもらった。まぁ所詮、市大会レベル。だいぶ手は抜いている。

↑右の細いのが僕である。これも最後に一発もらっとる。これもあくまで市大会レベル。上の動画以上に手を抜いている。

以上。あとの動画は本稿で挙げるのは控えておこう。

 

しっかし、この時代の面の防具は粗悪だったなー。

突き抜かれると鼻が折れる。防具の体を成していたか本当のところ怪しい。それに、いつも上段を捌く距離感で動くと「カシャン」と相手の打撃が軽くヒットしてしまう。防具の「カシャカシャ」の部分が前方に出ているためだろう。感覚が狂うやんけ。

 

本当に懐かしい。これがもう3、4年前の動画になる。

 

この時、僕は網膜剥離になって、一生乱取りを禁止になるなんて考えもしなかった。こうなることがわかっていたなら、それこそ死ぬほど乱取りをしておけばよかった。飽きるくらい、後悔しないくらい。

 

どんだけ悔やんでも、あの頃にはもう戻れない。

 

これからの人生、剥がれていくメッキ (若いころの輝き) とどう向き合うかが問われる。どうせ錆びるなら、なるべくカッコよく錆びていきたいものである。

人生とは残酷だな。「生」ほど痛く苦しい拷問はない。

以上

景嗣

Follow me!

少林寺拳法 足跡” に対して1件のコメントがあります。

  1. impact-y より:

    笑笑で見せてくれた動画やんね

    素人意見で申し訳ないけど
    改めて見るとこれ素手っしょ

    ガツガツ拳当てて、見てる俺の拳がヒュンと冷えこんだ(笑)

    痛みをかばうとあんな連打はできない
    それを惜しみ無く?バシバシと

    やはり、とんでもない世界だ(笑)

    生きる事は時に拷問でもあるけど
    髪は真っ白になり
    足の裏をすり減らし
    でかい風呂敷を背負い
    きつい帯を絞めながら
    坂道を登る姿

    俺はそゆ姿、老いもひっくるめて
    全ての人が素敵に思うけどな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

母親の誕生日

次の記事

尊敬する師との再会