母親の誕生日

どーも、景嗣です。

 

先日、4月11日、僕の母親の誕生日でした。

僕は毎年かかさず、母親の誕生日には何かしら軽いプレゼントをする。

今回プレゼントしたのは・・・

ミ〇オンのボブのグッズである。母親が愛してやまないボブである。

ロフ〇で買った。まず・・・

 

ボブのポーチ。(てか、ボブ・ロバートっていうんや。フルネーム。)

裏面である。ボブとその愉快な仲間たちである。

左から、スチュアート、ケビン、そしてボブである。個性豊かな仲間たちである。「ナカマ―!!」

写真で見るよりかは大きいサイズで色んなものが入りそうだ。デザインのみならず機能面にも期待できそうだ。筆記用具なりビジネス用品なりしまってくれ。

 

キングボブのメモ用紙

色んな柄のメモ用紙がある。母親は経営者なので、家の中を見まわしたらメモ用紙がそこら中に貼ってある。それがしばらくはボブに変わるのだ。メモを貼っていくのが楽しくなるだろう。

 

どれも安物だが、母親は喜んでくれた。

よかった、よかった。

 

 

突拍子もないことを言うかもしれんが。

 

僕、正直、もう生きるのがしんどい。疲れてきた。

人生25年。なんだこの徒労感は。この心の虚しさは。

「生きていればそのうちいいことがある」との一般論がある。いつになったら「そのうち」が来るのか。きっと「そのうち」は来ないのだろう。

刹那的に快楽を感じることはある。しかしそれは一過性の愉悦だ。ひとたび眠りにつけば、その快楽が幻だったと気づく。これをいつまでループすればいいのか。

いま社会に「死ね」と言われたら、案外ためらいなく自害できるかもしれんな。残念ながらそういう段階である。

 

でも、僕も含めて、母親は色んなものを急激に失ってきた。これ以上母親に辛い思いはさせられない。僕が死んだら、それこそ母親は立ち直れないだろうから。

母親を悲しませないために、僕はいまを生きることにしている。次の方法をポジティブに考えて行動している。母親には少しでも残された時間を楽しく生きてほしいから。母親の存在がいまの僕の生きがいである。

 

母親が死んだら、僕は生きる意味を失くす・・・・

リアルに母親の後を追うかもしれない。

早いところ無に還りたいから、僕は。

 

こう考えると、人間が家族をつくり子を成す理由もわからんでもないな。

自分の生きる理由を再構築するためだと思う。

 

母親が齢を重ねるごとに、自分の寿命の残数を数えている僕がいる。

母親にとってはもちろん、僕にとっても毎年の節目なのである。

 

母さんよ、たくさん辛い思いをしてきたんだから、せめてこっからは最期まで楽しい思いをして生きていってくれな。

僕が人生に期待することはもはやそれくらいのことである。

以上

景嗣

Follow me!

母親の誕生日” に対して1件のコメントがあります。

  1. impact-y より:

    こないだのTwitterのボブ動画は、いつかの母親の誕生日プレゼントだったんね
    ただ眺めている動画だったような
    今思えば色んな気持ちが混同している動画だったのかもしれない

    生きていてもらわなければいけないよ

    また合えなくなるもん
    飲めなくなるもん
    大阪行けなくなるもん

    こんなちっさな願いもかかってるんだから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です